ふくしまクリニック

MENU

物忘れ・認知症

老化現象と認知症による物忘れの違いは?

老化現象と認知症による物忘れの違いは?

年を取り高齢になるにつれ、脳の機能もだんだんと衰えていきます。

例えば、よく知っているはずの人の名前が思い出せなかったり、夕食に何を食べたかを思い出せない、約束の日を間違える、ものをしまった場所を忘れるなど、記憶力の低下を感じる経験はどなたにもあるのではないでしょうか?

しかし、加齢による自然な老化現象である物忘れと、認知症による症状である物忘れは別のものです。
老化現象の物忘れは、約束をしたことやものをしまった行動自体は覚えているのに対して、認知症の物忘れは、約束したことやものをしまったこと自体を覚えていないのです。

認知症の症状と種類について

脳血管障害や脳神経の障害によって起こる認知症には、主に脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症があり、物忘れをはじめ次のような症状がみられます。

  • 同じことをくり返し聞く
  • 同じことを何度も言う
  • 食事をしたことをすぐに忘れる
  • 曜日や時間の感覚が失われている
  • 部屋を散らかし、整理整頓ができなくなった
  • 水道やガスなどを閉め忘れることが多い
  • 気力や興味の低下がみられる
  • 感情の起伏が激しい

など

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳の血管障害によって起こる認知症です。
病気や事故、怪我によって脳の血管が損傷を受けると、脳内に血栓ができ、その部分の脳細胞が死滅して機能が低下します。

血栓ができた場所により低下する機能は変わります。

アルツハイマー型認知症

脳の神経細胞が減少することや、記憶を司る海馬や頭頂葉が萎縮することで起こる認知症です。
認知症の中で患者数が最も多く、男性よりも女性に多く発症する傾向があります。

物忘れなどの症状から始まり、症状が進むと人や時間や場所の誤認識、さらに妄想や徘徊などの症状が出る方もいます。

レビー小体型認知症

大脳皮質や脳幹に“レビー小体”というタンパク質が蓄積され、神経細胞が減少することで起こる認知症です。
男性の発症の方が多く、はっきりした幻視(幻覚)が現れるのが特徴です。

そのほか、歩きづらい、動作が遅くなる、手が震える、筋肉がこわばるなどのパーキンソン症状がみられます。

神戸市の認知機能検診を行っています

神戸市・六甲駅からすぐのふくしまクリニックでは、神戸市の認知機能検診を行っています。
65歳以上の神戸市民の方を対象に、画像診断と質問に回答するスクリーニング検査を実施します。

最近物忘れが多くて認知症が心配な方、またご家族の様子がおかしいと心配な方は、一度当院へご連絡ください。

※自費の検査として、採血によるMCI(軽度認知障害)スクリーニング検査も実施しています(税込22,000円)

対象となる方

65歳以上の神戸市民の方

※その年度に65歳になる64歳の方も対象となります

費用

無料

MRI検査専門サイト

ご予約・ご相談はお気軽に

神戸市でMRI検査・脳ドックは
ふくしまクリニックまで

top
EPARKネット受付 病院なび MRI検査予約について MRI検査専門サイト page top

EPARKネット受付

病院なび

MRI検査予約について